にんにく化粧品


にんにく化粧品


自然派化粧品  「咲ら化粧品」は、旧指定成分 無添加、香料 無添加、 着色料 無添加、紫外線吸収剤 無添加の自然派天然基礎化粧品です。



プロのメイクアップアーティストが使う化粧品って?


メイクアップアーティスト


「メイク直しの時に、パウダーファンデーション使ってる人って、
・・・・・パウダーファンデーションでメイク直ししてませんか?」
メイクアップアーティスト


にんにく卵黄トップへ新製品にんにく玉お客さまの声にんにく玉ご注文

自然派化粧品 自然派化粧品



無添加 化粧品sakura 自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内   自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内2
自然派化粧品 咲ら 化粧水 自然派化粧品 咲ら 乳液
自然派化粧品 よくある質問 自然派化粧品 お客様の声
自然派化粧品 森咲子さんに聞く 自然派化粧品 
毛孔性苔癬 「娘の毛孔性苔癬が3日頃から治り始め、・・・」

 

自然派化粧品「咲ら」のポリシーは、まず「潤い」から



 まるで湧き水をつけているような、すっきり、すがすがしい使い心地。

 「咲ら化粧水」は、お肌がゴクゴク水を飲んでいるように、スーッとお肌になじんで沁みこんでいきます。その後は、しっとり、ふっくら。

 化粧水で十分潤ったお肌を「咲ら乳液」で、さらに「しっかり」カバー。ほんのちょっとの量で、お肌全体にスッとのびて、抜群の保湿性と艶を発揮します。


 「咲ら化粧品」が提唱するのは、まずお肌の十分な保湿。

 乾燥した外気や紫外線にさらされたお肌は、まず「保湿」で元気付けてあげてください。


「内側」と「外側」からのスキンケア
にんにく玉とご一緒に、自然な
素肌美のコンビネーションを・・・

 お肌にとって、この「保湿」は、にんにく玉に含まれているビタミンB群やビタミンE、ビタミンC、セレンなど、ビタミン・ミネラル類が及ぼす体の内側からの働きと同様、「自然治癒力」を甦らせるための大切な「栄養分」のひとつです。

 この「自然治癒力」のことを、いわゆるお肌の新陳代謝、「ターンオーバー」と呼びます。

 これは表皮の基底層で新しい細胞が作られ、それがお肌の表面に向かって少しずつ変化しながら押し上げられ、最後にはがれ落ちていき、次の若々しい肌と入れ替わっていくサイクルです。

 健康なお肌は約28日の周期でこの新陳代謝を繰り返すといわれています。

 
 このお肌の保湿力はストレスや加齢によって少しづつ衰えてゆき、正常なターンオーバーサイクルを狂わせてしまいます。

 さらに、ターンオーバーサイクルの狂いが、乾燥肌・脂性肌・敏感肌など様々なお肌のトラブルを招く原因にも繋がっていきます。

 また、アトピーや二の腕のぶつぶつなど、傷ついた肌表面は非常に乾燥を招きやすい状態にあり、潤いの不足が、さらにダメージスパイラルを引き起こしてしまうこともあります。


 まず、お肌に十分な保湿をあたえ、お肌の「自然治癒力」を優先させる考え方、それが「咲ら化粧品」の第一のポリシーです。



自然派化粧品


 

自然派化粧品「咲ら」は、お肌に「与えすぎ」ません。



 そして、もうひとつ「咲ら化粧品」の大事なポリシー。


 それは、「お肌に余分なものを与えすぎない」ということ。


 一瞬にして、お肌を甦らせる魔法のような新成分、それは、見た目の効果こそ劇的ですが、お肌本来の自然治癒力を育てるために果たして必要なものでしょうか?

 お肌に対し、急激な変化をもたらすものは、あるいは、お肌に負担をかけることにつながるかもしれない・・・・



 「咲ら化粧品」は、この「お肌に余分なものを与えてしまう」という、往々にして陥りがちなスキンケアの間違いを、2つの観点で見つめています。


 ひとつは、「表面的な効果を求める余り、お肌にあまり好ましくない成分が配合されたスキンケアを選んでしまう」ということ。

 身近な例で言えば新成分配合のボディソープをずっと使い続けていて、お肌がかさかさしていたものが、石鹸に変えたら1週間もしないうちに調子が良くなった、というようなケース。

 洗い上がりのさっぱり感をもたらすものが、実は、お肌にとっては好ましくないものだった・・・

 「お肌に好ましくないもの」を使わないという、たったそれだけのことで、お肌の調子が急激に好転するということは往々にしてあるものです。


 また、お肌への急激な効果を演出するために、後ほどご紹介する「旧指定成分」という、肌にアレルギーを起こす恐れがある添加剤がはいった化粧品類・・・

 「ものすごく良いよ!」といわれた化粧品で、かぶれてしまった・・・というご体験はありませんか・・・・?


 人間の体にとって、世代を超えて摂取し続けた物質しか、安全とは言い切れないという説があります。ちなみに食品の世界では、200年間、人間が食べ続けたものしか、完全に安全とはいえないと言われています。

 お肌にとっても事情はおなじ。

 次々と開発される美肌のための新成分、しかし発売開始一年後に「その原料に発ガン性がある」などの調査結果が出る場合もあるのです。

 かつて美白の「コウジ酸」は、ものすごい美白成分と謳われながらも、結局、使用中止原料になってしまいました。



 新成分もいいけれど、まずは昔から長く愛用され続けている、安心で信頼できる成分で作りたい。 「咲ら化粧品」には、そんな基本理念が込められています。


自然派化粧品


 

自然派化粧品「咲ら」は、お肌を「甘やかし」ません。



 そして、もうひとつ「咲ら化粧品」が見据える「与えすぎる」ことについての思い。それは・・・・

 「お肌に過剰な栄養を与え続ける事で、お肌の生命力が甘やかされ、本来の自然治癒力が発揮されなくなってしまう」ということへの「恐れ」。


 例えば、お値段の高い即効性のある化粧品を使ってみた、使い始めは良かったのに、1本使い終わる頃にはその効果が全然感じられなくなったという経験はありませんか?

 特別な肌のお手入れをしていない人が、かえってきれいな肌をしていると感じたことはありませんか?


 食の例でいえば、合成のサプリメントを摂りすぎると、体が天然の栄養分を吸収しにくくなるといわれています。

 筋肉も鍛えなくては衰えていくように、人間の体は、甘やかすとどんどんその状況に慣れてしまって、自分自身の力が衰えていってしまいます。


 人間でなくても、例えば、トマトは水や肥料を少なめにすると、必死で頑張って甘くなろうとする、という話を聞いたことがあります。これは、もともとトマトの原産地が、アンデスの過酷な乾燥地帯だったことに由来するそうです。トマトの”生命力の源”は、「乾燥地帯でいかに水分や栄養分を自分の中に蓄えていくか」、というところに有ったのかもしれません。

自然派化粧品  水やりを極度に抑え、肥料もほとんど与えず、アンデスの荒地のような環境でトマトを育ててやると、やがて茎や葉の部分に、うっそうと「産毛」が生えて、根は地中深く張り出していくそうです。やがて「産毛」は空気中の水分を取り込むようになり、そして、実った果肉は、驚くほどジューシーで、トマトとは思えないほどの甘味をたたえるといいます。

 トマトにとって、本当に必要なものは、贅沢な肥料やジャブジャブ浴びせられる水などではなく、【灼熱の太陽の光】だったのです。


 お肌の生命力「自然治癒力」についても、その原則はあてはまります。


 お肌にとって、「自然治癒力」を甘やかす事につながる「余分なもの」を与えすぎず、逆に「本当に必要なものをたっぷり与えてやる」 それが「咲ら化粧品」のポリシーです。

 

自然派化粧品「咲ら」は、お肌に「たっぷり与えたいもの」はおしみなく…



 「たっぷり与えたい、本当に必要なもの」
 それは、食品で言えば、ビタミンやミネラル、食物繊維などが上げられるでしょう。
 お肌で言えば、たっぷりの水分と、お肌のターンオーバーをお手伝いする(肌の力を引き出す)植物由来成分。

 今までフォアグラやマグロの大トロなど、栄養&OILたっぷりの食事をしていました。でも、ちょっとそれをストップして、マクロビオティックな玄米ご飯やお味噌汁の食事をしてみませんか?

 「咲ら化粧品」が提唱するのは、お肌への過剰な栄養補給を断ち、お肌のダイエットで、本来の生命力を開花させるという発想です。



 最初は、すこしづつ肌をならしていく感じでご利用ください。その後、ちょっと物足りないなと感じる方は 化粧水を2〜3度たっぷり重ね付け、そして、お休み前に乳液をたっぷり(ちょっとべたつく位)付けて下さい。1週間もすれば、肌が自分で頑張ってる事に気付いていただけるでしょう。



 古くから愛用され続けてきた天然植物抽出成分をたっぷり配合し、その結果、使い続ければ続けるほど、お肌が「活き活きと甦り、咲き誇る」安心な製品作り。


 「咲ら化粧品」は、「化粧品のスローフーズ」のステイタスを守り続けています。



自然派化粧品sakura 自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内   自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内2
自然派化粧品 咲ら 化粧水 自然派化粧品 咲ら 乳液
自然派化粧品 よくある質問 自然派化粧品 お客様の声
自然派化粧品 森咲子さんに聞く 自然派化粧品 
 

自然派化粧品「咲ら」は3つの植物成分の組み合わせ"黄金のレシピ"で
"プラセンタ"並みのスキンケア効果を発揮します。



 「咲ら化粧品」は、3つの植物由来成分【アロエベラエキス】【カッコンエキス】【クロレラエキス】を独特の比率で配合しているところに、最大の特徴があります。

 この3つの植物エキスは、それぞれ、保湿を中心とした、さまざまな美容効果をもっていますが、これらを一定の比率で配合することで、「プラセンタ」並みのスキンケア効果が期待できる、ある黄金比=レシピが存在します。

 「咲ら化粧品」は、このレシピに、さらにヘチマエキス、ホホバ葉エキスなどの植物由来成分を配合することで、お肌の保湿性を高め、お肌の自然治癒力を活性させることを目指しています。

 「咲ら化粧品」の植物由来成分は、貴女のお肌のチカラを”咲かせ”ます。
自然派化粧品


 「プラセンタ」って・・・・・?

 「プラセンタ」とは、牛や豚の胎盤から抽出される成分で、肌の力を高めるスキンケア効果があり、美白、肌のくすみ、たるみ、小じわ、また、お肌の密度低下の改善、肌のハリ、柔軟性の維持など様々な働きがあり、多くの化粧品に使用されてきました。

 また、美容整形の分野でも、「プラセンタ注射」は、お肌のコラーゲン生成に非常に効果的で、お肌の若返りや、シミ、しわの解消、また、アトピー性皮膚炎への副作用のない治療法として、長く利用されています。

 医薬品としても、肝障害の治療薬や、更年期障害や母乳の分泌を促すお薬として利用されています。また、不眠、うつ病などの自律神経系疾患、慢性関節リウマチ、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、膠原病・・・と、さなざまな疾病の治療に効果があるのではないか、とも言われています。

 ところが、牛抽出のプラセンタが、狂牛病の原因である「プリオン」に汚染されている可能性があるとして、市場に出回っていた多くの化粧品がいっせいに回収されたり、製造中止に追いこまれるという騒ぎがありました。

 

自然派化粧品「咲ら」は、「旧指定成分」「紫外線吸収剤」を
絶対、使わないということ。




 かつて、化粧品に含まれるさまざまな化学薬品の中で、アレルギーや皮膚障害を起こす可能性の高いもの、特に毒性の高いものなど約102種類を、厚生省は『表示指定成分』という区分けをつくって、成分の容器や外装箱への表示を義務付けていました。

 (ただし、「表示を義務付けていた」だけで、その使用を禁止いていたわけでなく、危険性を説明することも義務付けられていませんでした)

 これらの成分を口から入れた場合、腎臓障害・低血圧・けいれん・嘔吐などを引き起こす危険性があり、中には発ガン性を疑われるものまでありました。

 それだけの毒性がわかっているのに、なぜ厚生省は使用を許可し続けているんでしょう?それは、それら「表示指定成分」が、化粧品を大量に製造する際に、まず品質を安定させること、そして使用した時の効果を際立たせ、発色・使い心地を良くするのに、欠かすことの出来ない材料であるからです。

 2001年3月、厚生省による法改正で、この『表示指定成分』の区分けはなくなり、それらの成分は『旧指定成分』と呼ばれるようになりました。が、いまだに使用を禁止されているわけではありません。

 ※旧指定成分102種についてはコチラをご覧ください。


 もちろん「咲ら化粧品」は、この「旧指定成分」を一切、使用しておりません。


 また化粧品の効果として、日本の女性にとってもっとも関心が高いのが「美白効果」ですが、美白効果を謳ったスキンケア化粧品のほとんどは、1、紫外線(UV)をカットして日焼けを起こさない 2、メラニンを淡色化させる 3、紫外線にあたってもメラニンを生成させない 4、生成されてしまったメラニンを早く体外排出させる・・・
 日本で販売されている美白系スキンケア化粧品は、これらの機能を組み合わせたものになっています。

 このうち、紫外線をカットする機能について、その原料として「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」のふたつがあります。

 「紫外線錯乱剤」は、名前のとおり、紫外線を反射させて肌に通さないというもので、材料は酸化チタンに代表される鉱物系成分です。基本的に「紫外線錯乱剤」の形状は、色のついた「粉」で、そのため、配合されている化粧品は透明ではありません。もちろん、「咲ら化粧品」には使用されていません。


 問題は、もうひとつの「紫外線吸収剤」の方。

 「紫外線吸収剤」は、「透明な」化粧品を作ることができ、また使い心地のよい化粧品を作るのにも適しています。

 この「紫外線吸収剤」は、名前のとおり、紫外線を「吸収」して、紫外線をお肌に通さない働きがあります。これは「紫外線吸収剤」の分子構造が紫外線を吸収し、「ちょこっと」形を変え、紫外線を熱エネルギーに変換し、また、もとの分子構造にもどって、また、紫外線を吸収し・・・・ということを繰り返しているのです。

 この「分子構造が形をかえる時」、分子自体、非常に不安定な状態になってしまい、何度も、形をかえて、元の形にもどって・・・を繰り返すうち、最後に分子が壊れて分解してしまうことがわかっています。

 分解された状態の「紫外線吸収剤のカケラ」は、非常に反応性が高く、つまり肌にとって、まったくよくない物質に変質して、肌に吸収されてしまうことが多い、という重大な問題を抱えています。


 「咲ら化粧品」は、この「紫外線吸収剤」を一切使用せず、アロエベラエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、ホホバ葉エキスなどの美白成分にくわえ、植物抽出成分ならではの各種天然ビタミン・ミネラルで、紫外線でダメージをうけ、ビタミン消費がはげしくなっているお肌に、ほてりの解消と自然な栄養・うるおいをあたえます。

自然派化粧品

 即効性のご期待に添うことは叶いませんが、長くお使いいただくことで、自然な美白効果をご実感いただけるものと思います。



 

自然派化粧品「咲ら」は、紫外線へのケアにも…



健康的なイメージの、褐色に日焼けした肌。

 しかしこれは、お肌の新陳代謝が活発な年代だけの特典で、紫外線は確実にお肌の基底層を破壊し、シワやシミ、お肌の角質厚化を招きます。

 実は、紫外線をあびるメリットは、まったくといっていいほどありません。
自然派化粧品

 意外なことに、紫外線をあびることで免疫力は低下してしまうことが証明されていますし、更におどろくことに動物実験では、紫外線をあびると脳の学習効果が低下するとの結果がでています。

 人間にとって「灼熱の太陽」は、トマトとはちょっと事情が違うようですね・・・・^^


 また、せっかく化粧品やスキンケアでお手入れした白く美しいお肌も、紫外線の直射にさらされれば、わずか数十分のうちに、その効果は失われてしまい、放置すればするほどメラニンの生成が進んでしまいます。


 「咲ら化粧品」には、紫外線を防ぐ機能をもった成分は入っていません。
 夜、お肌を休める時に必要ない成分だと思うからです。
 もちろん紫外線吸収剤・紫外線錯乱も使用されておりません。


 お出かけの時には、帽子をかぶったり、お肌に穏やかな日焼け止めを塗るなど、しっかり紫外線予防してお出かけくださいね。


 ・・・ですが、「咲ら化粧品」には、紫外線をシャットアウトする成分こそ含まれていませんが、配合されている天然成分には、自然な美白効果を助けるための様々なチカラが宿っています。

 主なところでは、天然の美白成分「カッコンエキス」「アロエベラエキス」「クロレラエキス」。活性酸素を取り除き、メラニンの生成を抑える“抗チロシナーゼ効果”のある「ホホバ葉エキス」。お肌のターンオーバーを促す「アラントイン」。メラニンが生成されはじめる前の炎症(赤く火照った状態など)を抑える「ヘチマエキス」。
    ・・・・・・・などなどです。


 これらの成分は、とてもデリケートな組成ではあるものの、お肌本来の自然治癒力に息吹を与えつつ、自然な美白効果への最大の”栄養源”となる、素朴で必須な「スローフーズ」でもあります。



 お出かけ前には「咲ら化粧品」で十分にお肌にうるおいと適度な栄養をあたえ、ご帰宅のあとは、紫外線に疲れたお肌をたっぷりの「咲ら化粧品」でしっかりケアしてあげてください。



自然派化粧品sakura 自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内   自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内2
自然派化粧品 咲ら 化粧水 自然派化粧品 咲ら 乳液
自然派化粧品 よくある質問 自然派化粧品 お客様の声
自然派化粧品 森咲子さんに聞く 自然派化粧品 


旧表示指定成分の一覧表です。
咲ら化粧品」はこれら旧指定成分を一切、使用しておりません。


自然派化粧品 安息香酸及びその塩類 無添加 安息香酸及びその塩類
イクタモール 無添加 自然派化粧品 イクタモール
イソプロピルメチルフェノール 無添加 自然派化粧品 イソプロピルメチルフェノール
ウンデシレン酸及びその塩類 無添加 自然派化粧品 ウンデシレン酸及びその塩類
ウンデシレン酸モノエタノールアミド 無添加 自然派化粧品 ウンデシレン酸モノエタノールアミド
エデト酸及びその塩類 無添加 自然派化粧品 エデト酸及びその塩類
塩化アルキルトリメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化アルキルトリメチルアンモニウム
塩化ジステアリルジメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ジステアリルジメチルアンモニウム
塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム
塩化セチルトリメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化セチルトリメチルアンモニウム
塩化セチルピリジニウム 無添加 自然派化粧品 塩化セチルピリジニウム
塩化ベンザルコニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ベンザルコニウム
塩化ベンザトニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ベンザトニウム
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 塩化ラウリルトリメチルアンモニウム
塩化リゾチーム 無添加 自然派化粧品 塩化リゾチーム
塩酸アルキルジアミノエチルグリシン 無添加 自然派化粧品 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン
塩酸クロルヘキシジン 無添加 自然派化粧品 塩酸クロルヘキシジン
塩酸ジフェンヒドラミン 無添加 自然派化粧品 塩酸ジフェンヒドラミン
オキシベンゾン 無添加 自然派化粧品 オキシベンゾン
オルトフェニルフェノール 無添加 自然派化粧品 オルトフェニルフェノール
カテコール 無添加 自然派化粧品 カテコール
カンタリスチンキ 無添加 自然派化粧品 カンタリスチンキ
グアイアズレン 無添加 自然派化粧品 グアイアズレン
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム 無添加 自然派化粧品 グアイアズレンスルホン酸ナトリウム
グルコン酸クロルヘキシジン 無添加 自然派化粧品 グルコン酸クロルヘキシジン
クレゾール 無添加 自然派化粧品 クレゾール
クロラミンT 無添加 自然派化粧品 クロラミンT
クロルキシレノール 無添加 自然派化粧品 クロルキシレノール
クロルクレゾール 無添加 自然派化粧品 クロルクレゾール
クロルフェネシン 無添加 自然派化粧品 クロルフェネシン
クロロブタノール 無添加 自然派化粧品 クロロブタノール
5-クロロ-2-メチル-4イソチアゾリン-3-オン 無添加 自然派化粧品 5-クロロ-2-メチル-4イソチアゾリン-3-オン
酢酸dl-α-トコフェロール 無添加 自然派化粧品 酢酸dl-α-トコフェロール
酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール 無添加 自然派化粧品 酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール
酢酸ラノリン 無添加 自然派化粧品 酢酸ラノリン
酢酸ラノリンアルコール 無添加 自然派 酢酸ラノリンアルコール
サリチル酸及びその塩類 無添加 自然派 サリチル酸及びその塩類
サリチル酸フェニル 無添加 自然派 サリチル酸フェニル
ジイソプロパノールアミン 無添加 自然派化粧品 ジイソプロパノールアミン
ジエタノールアミン 無添加 自然派化粧品 ジエタノールアミン
シノキサート 無添加 自然派化粧品 シノキサート
ジブチルヒドロキシトルエン 無添加 自然派化粧品 ジブチルヒドロキシトルエン
1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒダントイン(別名DMDMヒダントイン) 無添加 自然派化粧品 1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒダントイン(別名DMDMヒダントイン)
臭化アルキルイソキノリニウム 無添加 自然派化粧品 臭化アルキルイソキノリニウム
臭化セチルトリメチルアンモニウム 無添加 自然派化粧品 臭化セチルトリメチルアンモニウム
臭化ドミフェン 無添加 自然派化粧品 臭化ドミフェン
ショウキョウチンキ 無添加 自然派化粧品 ショウキョウチンキ
ステアリルアルコール 無添加 自然派化粧品 ステアリルアルコール
セタノール 無添加 自然派化粧品 セタノール
セチル硫酸ナトリウム 無添加 自然派化粧品 セチル硫酸ナトリウム
セトステアリルアルコール 無添加 自然派化粧品 セトステアリルアルコール
セラック 無添加 自然派化粧品 セラック
ソルビン酸及びその塩類 無添加 自然派化粧品 ソルビン酸及びその塩類
チモール 無添加 自然派化粧品 チモール
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 無添加 自然派化粧品 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
チラム 無添加 自然派化粧品 チラム
デヒドロ酢酸及びその塩類 無添加 自然派化粧品 デヒドロ酢酸及びその塩類
天然ゴムラテックス 無添加 自然派化粧品 天然ゴムラテックス
トウガラシチンキ 無添加 自然派化粧品 トウガラシチンキ
dl-α-トコフェロール 無添加 自然派化粧品 dl-α-トコフェロール
トラガント 無添加 自然派化粧品 トラガント
トリイソプロパノールアミン 無添加 自然派化粧品 トリイソプロパノールアミン
トリエタノールアミン 無添加 自然派化粧品 トリエタノールアミン
トリクロサン 無添加 自然派化粧品 トリクロサン
トリクロロカルバニリド 無添加 自然派化粧品 トリクロロカルバニリド
ニコチン酸ベンジル 無添加 自然派化粧品 ニコチン酸ベンジル
ノニル酸バニリルアミド 無添加 自然派化粧品 ノニル酸バニリルアミド
パラアミノ安息香酸エステル 無添加 自然派化粧品 パラアミノ安息香酸エステル
パラオキシ安息香酸エステル 無添加 自然派化粧品 パラオキシ安息香酸エステル
パラクロルフェノール 無添加 自然派化粧品 パラクロルフェノール
パラフェノールスルホン酸亜鉛 無添加 自然派化粧品 パラフェノールスルホン酸亜鉛
ハロカルバン 無添加 自然派化粧品 ハロカルバン
2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール 無添加 自然派化粧品 2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール
ピロガロール 無添加 自然派化粧品 ピロガロール
フェノール 無添加 自然派化粧品 フェノール
ブチルヒドロキシアニソール 無添加 自然派化粧品 ブチルヒドロキシアニソール
プロピレングリコール 無添加 自然派化粧品 プロピレングリコール
ヘキサクロロフェン 無添加 自然派化粧品 ヘキサクロロフェン
ベンジルアルコール 無添加 自然派化粧品 ベンジルアルコール
没食子酸プロピル 無添加 自然派化粧品 没食子酸プロピル
ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの 無添加 自然派化粧品 ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの)
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類 無添加 自然派化粧品 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類
ポリオキシエチレンラノリン 無添加 自然派化粧品 ポリオキシエチレンラノリン
ポリオキシエチレンラノリンアルコール 無添加 自然派化粧品 ポリオキシエチレンラノリンアルコール
ホルモン 無添加 自然派化粧品 ホルモン
ミリスチン酸イソプロピル 無添加 自然派化粧品 ミリスチン酸イソプロピル
2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 無添加 自然派化粧品 2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン
N,N-メチルレンビス[N'-(3-ヒドロキシメチル-2,5-ジオキソ-4-イミダゾリジニル)ウレア](別名イミダゾリジニルウレア 無添加 自然派化粧品 N,N"-メチルレンビス[N'-(3-ヒドロキシメチル-2,5-ジオキソ-4-イミダゾリジニル)ウレア](別名イミダゾリジニルウレア)
ラウリル硫酸塩類 無添加 自然派 ラウリル硫酸塩類
ラウロイルサルコシンナトリウム 無添加 自然派 ラウロイルサルコシンナトリウム
ラノリン 無添加 自然派 ラノリン
液状ラノリン 無添加 自然派 液状ラノリン
還元ラノリン 無添加 自然派 還元ラノリン
硬質ラノリン 無添加 自然派 硬質ラノリン
ラノリンアルコール 無添加 自然派 ラノリンアルコール
水素添加ラノリンアルコール 無添加 自然派 水素添加ラノリンアルコール
ラノリン脂肪酸イソプロピル 自然派 ラノリン脂肪酸イソプロピル
ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール 自然派 ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール
レゾルシン 自然派 レゾルシン
ロジン 自然派 ロジン
医薬等に使用することができるタール色素を定める省令(昭和41年厚生省令第30号)別表第1、別表第2、及び別表第3に掲げるタール色素  無添加 自然派化粧品 医薬等に使用することができるタール色素を定める省令(昭和41年厚生省令第30号)別表第1、別表第2、及び別表第3に掲げるタール色素


自然派化粧品sakura 自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内   自然派化粧品 咲ら化粧品のご案内2
自然派化粧品 咲ら 化粧水 自然派化粧品 咲ら 乳液
自然派化粧品 よくある質問 自然派化粧品 お客様の声
自然派化粧品 森咲子さんに聞く 自然派化粧品 

プロのメイクアップアーティストが使う化粧品って?


メイクアップアーティスト


「メイク直しの時に、パウダーファンデーション使ってる人って、
・・・・・パウダーファンデーションでメイク直ししてませんか?」
メイクアップアーティスト






にんにく玉本舗 サイト内検索


にんにく卵黄トップへ新製品にんにく玉お客さまの声にんにく玉ご注文



私たち株式会社 燦樹は、
三つの喜び

一.自然の恵みに感謝する喜び
一.人の好意に感謝する喜び
一.人に喜びを与える喜び

を理念とし、
みなさまの活力ある日々と、
お幸せな生活を心より念じています。

〒839-0815
福岡県久留米市山川沓形町3-7
フリーダイヤル




FAX(24時間受付)
0942-45-3013
ninnikudama@e-ninniku.jp


       自律神経免疫療法 刺絡療法  毛孔性苔癬 二の腕  ぶつぶつ  アホエン  黒にんにく  黒にんにく  黒にんにく  雑穀米  メタボ  メタボリック  メタボリックシンドローム  メタボリック症候群  にんにく卵黄  にんにく化粧品  青山ガリーヌ トーコ堂  モンドセレクション  マタニティ  アットコスメ  @コスメ  @cosme  クロレラ  妊娠  赤ちゃん  雑穀米  マクロビオティック  たまひよ  出産  サプリメント  妊娠初期  授乳  にんにく卵黄  にんにく卵黄  ピザ  マクロビオティック  マクロビオテック  マクロビ  メイクアップアーティスト  アフィリエイト  さくら化粧品 リンク集  クロレラ  妊娠  赤ちゃん  雑穀米  マクロビオティック  たまひよ  出産