雑穀米
 
雑穀米・美味十六撰 雑穀米・にんにく玉のパワーをさらに引き出す 燦樹の雑穀
雑穀米・毎日の食事はバランスの良い「生命力を宿したご飯」から。 雑穀米・食べる力は生きる力
雑穀米・発芽青玄米・はだか麦・胚芽押麦・もち黒米・もち玄米・もちあわ 雑穀米・もちきび・黒千石・もち麦・はと麦・もち赤米・小豆・黒豆・大豆・とうもろこし・ひえ

雑穀米・「燦樹の雑穀」シリーズ ラインナップ
燦樹の雑穀米「美味十六撰」 焙煎 発芽十六雑穀粉末「芽吹きのちから」 
→芽吹きのちから 詳細はこちら


雑穀米・なぜ、雑穀米なのか?
雑穀米

毎日の食卓を見直そう、欧米化してしまった食生活が日本人本来の食習慣・こころと体の健康をむしばんでいる、古くから受け継がれてきた素朴な日本食にこそ、現代人が見落としがちな大切な栄養・命をはぐくむ大地の恵みがあふれている、そんな静かなムーブメントが広がりつつあります。そのひとつの答えとして、今、雑穀米を毎日の食卓に取り入れていらっしゃるご家庭が増えています。

粗食のイメージで語り継がれてきた「一汁三菜」といわれる日本食の基本、しかし、これこそが、もっとも健康的な食事法だと、今や世界から高い評価がなされています。

高タンパク・高脂質・カロリーオーバーに陥りがちな欧米食に比べ、ビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく摂取でき、しかもローカロリーを維持できる、体にも心にも、無理なく、おだやかに作用する、世界で一番、健康的な食事法。

それが昔からの日本食です。
ですが、不幸にして日本人自身がその価値を知ったのは、つい最近のことでした。


雑穀米

日本の伝統的な食事法を美容と健康維持のために熱心に実践しているハリウッドスターや世界のトップモデルたちがいます。彼らは、決して料亭で出されるような日本料理を食べているわけではありません。

昔ながらの雑穀米や玄米、みそ汁にお漬物やおひたしなどを、毎日せっせと食べているというのです。

現在、わたしたちがイメージしている「日本食」
その基本となる主食「ごはん」つまり精米した白いお米が、食卓に当たり前に上るようになったのは、戦後、この4,50年ほどのことなのです。

 それ以前の日本人は、数百年、数千年の長い間、雑穀をお米に混ぜた「雑穀ごはん」を食べ続けてきました。


雑穀米・かつての日本では、お米に混ぜて食べられてきた「あわ」や「きび」などの雑穀類。これらの雑穀米は、ビタミンB群やミネラル類を摂取するために非常に貴重な食糧源でした。

精米したお米を日常的に食べる事が、大変贅沢であった、かつての日本で、お米の代用品として、またご飯の「カサ」を増やすためにお米に混ぜて食べられてきた「あわ」や「きび」などの雑穀類。

実は、それら雑穀類の栄養価は大変重要で、古くから肉食の習慣がなく、宗教上の理由から、にんにくやニラなどの匂いの強いユリ科の野菜類を忌み嫌っていた日本人にとって、普通の野菜では取りにくいビタミンB群やミネラル類を摂取するための、非常に貴重な食糧源でもあったはずなのです。

しかし、栄養学がなかったころの日本、つまり平安・室町・江戸の昔は言うに及ばず、明治から戦前にいたるまでの間、日本人は玄米の籾殻や雑穀などを含まない精白したお米だけのご飯を、いわゆる「銀シャリ」といって、最高の贅沢品として珍重してきました。
 逆に栄養豊富な雑穀をまぜたご飯は貧しい食べ物としてさげすまれ、敬遠されがちでした。

その結果、日本人は有史以来、ビタミンB群の慢性的な不足から来る「脚気」という病気に悩まされ続けてきました。


雑穀米

戦乱の時代はいざしらず、平和が訪れ人々が豊かに富み栄える時代に入ると、かならずといって良いほど、日本では脚気が流行し、治療法もないまま、たくさんの人々の命が失われていきました。

江戸中期、世が冨栄えた元禄になると江戸、大阪など大都市の町衆の間でも白米が当たり前に食べられるようになりましたが、人口の約7割を占める地方の人たちは、雑穀の入ったごはんを常食していました。

そのため、江戸や大阪に上京するとかかってしまう病として、脚気は「江戸わずらい」「大阪腫れ」と称されていたほどです。

明治期、「脚気」の猛威はすさまじく、当時、日本でもっとも贅沢な食糧事情を誇った日本陸軍では、日清・日露戦争で、戦死者の実に数倍もの人員を「脚気」による病死で失っています。もし、兵隊さんたちに、にんにくの一片か、玄米か雑穀のご飯が支給されていたら、多くの犠牲は免れていた事でしょう。

当時は世界でも「脚気」を発病するのは日本人だけで、長く日本独特の風土病、伝染病の一種だと思われていました。世界のどこを見渡してもそのような病気が見当たらなかったためです。唯一、イギリス海軍の船員にだけ、一時期「脚気」が流行ったことが有りました。

イギリス海軍の兵士が脚気になっていたのも、実は精白した小麦を使ったパンが食事として支給されていたためで、精白されていない籾殻をふくむ「黒味を帯びたパン」が支給された後、脚気に倒れる兵士は皆無になったといいます。
 脚気の原因が食事にあるということが突き止められたのは、戦後まもなく、日本人、時の京都大学教授によってビタミンB1が発見されたときでした。

雑穀米

ですが、日常的に白米を食べていけたのは、日本人のうちのほんの一握り、多くの日本人の食卓には、あたりまえに雑穀入りのご飯がのぼっていました。

たとえば農村のお百姓さんたちは、むかしから精米していない玄米や雑穀をまぜたご飯が、非常に体によいことを経験的に知っていました。

雑穀米

今と違い、昔のお百姓さんたちの日常は過酷で、まずしく、粗食にたえながら想像を絶する重労働に従事しなくてはなりませんでした。そんな毎日を支えたのは、他ならぬ雑穀米だったのです。

そして、雑穀米が日常的に食べられていた戦前までの期間、欧米化した食生活が入り込む前の日本人のガン罹患率は、現在とは比較にならないほど低かったといいます。

飽食の時代といわれる現代・日本。
摂取カロリー、タンパク質、脂質の量だけは、むかしの平均的な日本人の数倍の量を、安く手軽に摂ることができるようになりました。

が、ビタミン、ミネラルや、食物繊維、そして、もっとも大切な「生命力」を宿した食材が日常的に食べられているかというと、とても理想からはかけ離れてしまっているのが、現代日本の平均的なわたくしたちの食生活の現状です。

雑穀米・(現代)食生活の欧米化 雑穀米・(昔)穀類中心の食生活
雑穀米・毎日の食事はバランスの良いい「生命力を宿したご飯」にしませんか? 雑穀米

毎日の食事は、バランスの良い「生命力を宿したご飯」から。
それが、燦樹(にんにく玉本舗)が、みなさまに雑穀米をお届けする理由です。


雑穀米・燦樹(にんにく玉本舗)が、みなさまに雑穀米をお届けする理由。それは、 雑穀米
雑穀米・わたしたちが雑穀米にハマッた!その理由

美味十六撰を毎日、愛用されている方が声をそろえて魅力にあげるもの、それは、雑穀ならではの味と食感です。

雑穀は、白米にくらべて、コクと甘味があり、また、噛めば噛むほどそれぞれの雑穀の風味が立ち、単体の雑穀ご飯では味わえない、味覚の重奏感が生まれます。

この「噛みごたえ」はダイエット効果の大きなファクター。

しっかり噛む事で満腹中枢が刺激され、満足感が得られ、過食を防ぐ事ができます。


雑穀米 便秘解消!お肌のぶつぶつも消えて
白ご飯より、甘味とコクがあって好きです。
しばらくすると私の便通が整い、娘は肌のぶつぶつが消えました。食養生って、本当にあるんですね。我が家ではお米2合に1〜2袋を入れています。
食卓の彩りに
雑穀米
栄養の魅力はもちろんですが、炊き上がった雑穀ご飯の色合いがとても好きです。食卓も華やかで彩が増したように思います。
雑穀米 体調が整い、ダイエット効果も
家族の栄養管理を考えて使い始めました。が、いつのまにか、家族全員がおいしさの虜に。
うっかり切らしてしまうと、ブーイングの嵐です。夫は体調が良くなったようで、わたしは思わぬダイエット効果にホクホクしてます。
違和感がなく、毎日でも飽きが来ない
雑穀米
まだ使い始めたばかりなので、様子見です。でも、食べてみて特に違和感がないので毎日続けられそう。
毎晩お酒の後は、必ずシメにインスタントラーメンだった食生活が、お漬物と雑穀ご飯にかわって、なんだかスッキリ。カラダによさそう。
雑穀米 「よく噛んで食べる」ダイエット
うちでは美味十六撰をお米3合に雑穀1合まぜて炊いてます。
白ご飯にくらべ、雑穀ご飯は良く噛んでたべるから、お茶碗一杯で十分、お腹一杯。数週間でポッコリお腹もすっきりです!
国産雑穀というのが安心ですね
雑穀米
食品の安全性について書かれたベストセラーに、雑穀米のことも書かれていて、外国産雑穀の危険性が指摘されていました。農薬だけじゃなく殺虫剤(!)まで。
わたしがそれまで食べていた雑穀米は国内産表示がなかったので心配でしたが、この雑穀米に変えてみてビックリ!味がぜんぜん違います。
雑穀米・さらに続々といただく、お客様の声!


雑穀米のブレンドは漢方の発想から
雑穀米はにんにくのパワーをより引き出すもの、にんにくは雑穀米の元気をより伸ばすものとして、ご利用いただければと願っています。

いま、多種多様な雑穀米が販売されています。
もともと、雑穀を数種類まぜあわせてブレンドするという発想は、漢方の発想に似たところがあります。

お肌を美しく保ちたいならこれとこれ、お通じによいブレンドならこれとこれ、冷えにはこれ、肝臓にはこれ、という具合に、目的に応じてしてバランスをとっていくのがブレンド雑穀米の発想です。

雑穀にはそれぞれ、同じ種類、あるいは違う種類の豊富な栄養素がつまっています。

それぞれの栄養素は、ある方向には強く働き、ある方向には補助的に働く、その複数の働きを加えていく事によって、それぞれ単体では弱い働きを数倍の働きに高めていく、これが漢方とブレンド雑穀米の考え方の共通するところです。

雑穀米・白米と美味十六撰を比較 食物繊維21倍! カルシウム7.6倍!

そこで振り返ってみると、いろいろな雑穀のそれぞれの働きと、にんにくの栄養素や有用成分、これらは心と体の各方面で、非常に共通した方向へ力を発揮することに気づきました。

そこで当社では、雑穀米はにんにくのパワーをより引き出すもの、にんにくは雑穀米の元気をより伸ばすものとして、ご利用いただければと願っています。

どうぞ、毎日のご利用でご実感いただければ幸いです。


雑穀米・美味十六撰 雑穀米・栄養成分表(100g当たり)
雑穀米・国内の契約農家で栽培される安心品質 雑穀米・栄養成分表(100g当たり)


雑穀米・雑穀ブレンド 限界は十六穀
雑穀米・当社では安心できる国内の契約農家から栽培される十六種の雑穀だけを使ったブレンド雑穀をご提供しております。

より多くの栄養と働きを雑穀米から摂取したい、ならばブレンドの種類は多ければ多いほどよい、一般のみなさまは、そのようにお感じになられるかと思いますが、実は、2つの点で、ブレンドの限界があります。

ひとつは産地の点。
 数ある種類の雑穀も、すべて国内産でまかなおうとすれば十六穀が限界なのです。

それ以上の種類の雑穀をブレンドしようとすれば、どうしても海外からの雑穀類を加えていかなければなりません。

が、雑穀といえば消費量もそれほど多くない農作物。海外の産地で、農薬や化学肥料などについて、はたして安全な基準のもとで栽培されているかどうか、一般的な海外からの農作物以上に、わかりにくく不透明な部分がございます。

雑穀米・生産者のおひとり、金子さま。福岡県で無農薬、無化学肥料で雑穀類を栽培していらっしゃいます。雑草も薬剤などつかわず、一本一本手で除草していらっしゃるそうです。

一部の外国産雑穀は、家畜の飼料用として輸入されるため農薬規制がありません。また、運搬時に虫や病気の発生を抑えるためのポストハーベスト剤が使われる危険もあります。
 多くの会社が外国産の雑穀をブレンドしていますが、一旦、雑穀を混ぜてしまえば履歴や正体は不明。極端な話、鳥のエサと同じものが材料に混ざりこんだとしても分からない。
 そういった危険性もあります。

そこで、当社では安心できる国内の契約農家から栽培される十六種の雑穀だけを使ったブレンド雑穀をご提供させていただくことにいたしました。


雑穀米・十六穀のはたらき
ブレンド雑米の発想は、「同じ方向の有用性があるもの同士を食すことで、お互いの力を何倍にも引き伸ばす」
いわば「漢方処方」の考え方と同じです。
ご覧いただく雑穀たちの特徴に貴方さまもお気づきのはず。すべてにんにくの有用性と同じものばかり。
つまり、雑穀米はにんにく玉のちからをさらに引き出し、にんにく玉は雑穀米の元気をもっと伸ばしていくもの、そうお考えいただけると思います。
雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米
【もち玄米】 【はだか麦】 【胚芽押麦】 【もちきび】 【黒千石】 【もち麦】
血圧が気になる方に 食欲不振が気になる方に 体脂肪が気になる方に 肌の健康が気になる方に 目の疲れが気になる方に コレステロールが気になる方に
食物繊維が断然多く、ビタミンB1・E、鉄分などの必須微量成分を含む栄養の宝庫。 鉄、カルシウム、ビタミンB,食物繊維が豊富で、消化吸収を助ける作用があると言われています。 胚芽にビタミンE、B群、カルシウム、鉄分など豊富な栄養成分を含み、中でも食物繊維は白米の約20倍。 肌への思いやり、リン、カルシウム、亜鉛、ビタミンB群が豊富。 幻の品種といわれる黒大豆。小粒で中は緑色、リアジンなど大豆の豊富な栄養素に加え、アントシアニンも豊富。 血中コレステロールを低下させる働きがあると言われる食物繊維βグルカンが豊富。
雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米
【ハト麦】 【もち赤米】 【もち黒米】 【発芽青玄米】 【もちあわ】 【小豆】
ハツラツ毎日に 体脂肪が気になる方に ハツラツ毎日に 血圧が気になる方に 貧血気味の方に 便秘、利尿
タンパク質、ビタミンB群、カルシウムが豊富で、アミノ酸の含有率は穀物の中でトップクラス。 ビタミンB群、食物繊維を豊富に含む古代米。食物繊維は腸の働きをよくし、消化を助けると言われています。 ビタミンとミネラル、滋養豊富な穀物として中国では「薬米」と称され、薬膳に用いられてきました。 育ち盛りの青い玄米。脳の血流を活発化するといわれるギャバと、抗酸化物質のフィチン酸、食物繊維が豊富。 貧血に効果があるとされる鉄、ミネラルが豊富。漢方では腎臓の働きをよくすると言われています。 いま注目されているサポニンをはじめ、食物繊維、ビタミンB1が豊富。
雑穀米 雑穀米 雑穀米 雑穀米    
【黒豆】 【大豆】 【とうもろこし】 【ひえ】    
体脂肪が気になる方に 生活習慣病が気になる方に 体脂肪が気になる方に 体の疲れを感じる方に    
カロリーを抑えながらタンパク質やビタミンB群などの栄養補給ができるので、ダイエットに最適。 植物性タンパク質に不足しがちなリジンが多く、8種類の必須アミノ酸がバランスよく配合されています。 脂肪の燃焼時に必要なビタミンB2・A、糖質、タンパク質などが豊富に含まれています。 タンパク質、カルシウム、鉄分を多く含み、漢方では止血や体温を下げるために使われています。    


雑穀米・そして、もうひとつの重要な点は、「味わい」ということ
雑穀米

かつて雑穀米をたべていらしたご年配の方には、かならずしも雑穀に良い印象をお持ちでない方も多いかと思います。

それは、かつて味わった「雑穀はまずいもの」というご経験が、強烈に印象にのこっていらっしゃるからなのかもしれません。

そこで、十六種の雑穀で美味しさを極めるのに、最適なブレンド比率を実現したのが、今回お届けする「燦樹の雑穀 美味十六撰」なのです。

人間にとって食事とは、ただ単に栄養を摂取するためだけのものではなく、味わいや満腹感、また親しい人と楽しく食事をすることで、適度にストレスが緩和され、「美味しい」と感じる事で、胃腸の調子が良くなり消化吸収率が高まるという健康効果があることも、現在、にわかに注目を集めている点です。

「燦樹の雑穀 美味・十六撰」は、「美味しさ」も重要な栄養素ととらえ、味わいの「最高ブレンド比率」をご提供させていただくことにいたしました。

雑穀米・

ぜひ、スーパーや大手メーカーの雑穀米と食べ比べてみてください。

自然の甘味やもっちり感、奇をてらうことなく飽きが来ない深い味わい。

冷えても美味しい、ぜひ「塩おにぎり」で召し上がっていただきたい逸品です。

どうぞ、その美味しさをご堪能くださいませ。


雑穀が生きている だから発芽成分も楽しめる

穀類は発芽するときに粒の中に眠っていた酵素を働かせ命が芽吹くための準備をいっせいにはじめます。この時、雑穀の中に新たに生まれてくる様々な成分が、本来の栄養の有用性を何倍にも膨らませるものとして、いま注目を集めています。

 「美味十六撰」の雑穀たちは「生きたまま」。

 だから、2〜3時間から一晩水に浸しておくだけで、様々な発芽成分が生まれます。

 また、雑穀は発芽することで、エグみや雑味がぬけ、ふっくらまろやかな味わいに変化するもの。
 「美味十六撰」は前の晩から水に浸す「ひと手間」かけて、お楽しみいただければと存じます。

また、発芽成分のうち、とくに注目されているのが「γ−アミノ酪酸」ギャバと呼ばれる成分。ギャバはカラダのさまざまな部位に有用に作用し、現代人が、知らず知らずの間に抱え込んでしまいがちなストレスをやわらげるとして、いま、期待をあつめています。

 その他、発芽成分の中には、美容に役立つ嬉しい成分も。つまり雑穀が発芽する瞬間は、人間の健康と美に直結する成分が豊富に生み出されているのです。

この発芽成分を、更にしっかりお召し上がりになりたい方には、発芽雑穀を豊富に含み、米ぬかを配合する事でギャバ値を大幅にアップした「発芽焙煎十六穀粉末 芽吹きのちから」をお勧めいたします。焙煎粉末とすることで食物繊維比率をあげ、香ばしくやさしい味わいがお楽しみいただけます。
「美味十六穀」のと併用で、あるいは単体で、美味しく元気な「発芽ごはん」をお楽しみください。



「芽吹きのちから」詳細はこちら
→芽吹きのちから 詳細はこちら



→お取り扱い商品の一覧は、こちら